福山大学同窓会

同窓会会則

福山大学全学同窓会連合会会則

第1章 総 則

(名 称)

第1条

  • 本会は、福山大学全学同窓会連合会と称する。

(事務局)

第2条

  • 本会の事務局は、福山大学(以下「本学」という。)内に置く。

(目 的)

第3条

  • 本会は、本学各学部同窓会の連携を図り、本学の発展に寄与することを目的と する。

(事 業)

第4条

  • 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. 各学部同窓会間の連絡及び調整。
  2. 各学部同窓会の協同による全学的な諸行事への支援。
  3. 本学に対する全学的な支援。
  4. 地域支部の援助。
  5. その他本会の目的を達成するために必要な事業。                         

第2章 構 成 員

(構成員)               

第5条

  • 本会は、各学部同窓会の代表者をもって構成する。

第3章 役 員

(役 員)

第6条

  • 本会に次の役員を置く。
  • 会長 1名
  • 副会長 1名
  • 監事 3名

(役員の選出)
第7条

  • 会長、副会長及び監事は、本会構成員のうちより本会構成員の互選により選出 する。任期は2年とする。ただし、再任を妨げないが、三期を限度とする。


(役員の権限)
第8条

  • 会長は、本会を代表し、業務を統轄する。副会長は会長を補佐し、会長に事故 あるときはこれを代行する。監事は、会計を監査し、役員会に報告しなければな らない。

第4章 名誉顧問

(名誉顧問)
第9条

  • 本会に名誉顧問を置き、学長を推戴する。

第5章 役 員 会
(総 会)
第10条

  • 定期役員会は、毎年1回、会長が招集する。会長が必要と認めたときは、臨 時役員会を招集することができる。

(総会の権限)
第11条

  • 次の事項は、定期総会において審議決定する。
  1. 会則の変更
  2. 各学部同窓会からの当該年度の分担金の額の決定
  3. 決算及び予算(事業報告及び事業計画は、予め各学部同窓会の承認を得る)
  4. 細則等の制定
  5. その他総会において必要と認める事項

(決 定)
第12条

  • 役員会は、第5条に規定する構成員をもって構成し、役員会の議事は、出席 構成員の過半数をもって決定する。

(総会の議長)
第13条

  • 役員会の議長は、会長がこれにあたる。

第6章 会 計

(会 計)
第14条

  • 本会の運営費は、各学部同窓会の分担金、寄付金その他の収入をもってこれ にあてる。尚、本会の会計については、本学事務局に委任するものとする。

(会計年度)
第15条

  • 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終わる。


第7章 補 則

(細則等)
第16条

  • 本会則に規定のない細則等は、役員会の議を経てこれを決定する。

附 則

  1. 本会則は、平成17年4月1日よりこれを施行する。
  2. 福山大学同窓会会則(昭和54年3月25日 制定)は廃止する。